個展案内 @gallery  ギャラリー棟にて開催のイベント案内です                   


■2018年9月1日〜9月24日 「うつわ屋 九州展 2018」 20周年記念企画展 

参加作家:
川口武亮(佐賀)・熊本象(佐賀)・佐藤浩(宮崎)・佐藤もも子(福岡)・馬場勝文(福岡)・増渕篤宥(宮崎)・松原竜馬(大分)・水谷和音(熊本)

1998年9月1日。この日にうつわ屋という名のこのお店を開業いたしました。当時26歳の私達。DIY手作りでお店を作り、生意気ながらも熱く頑張ってきた若い頃のこと今も忘れることはありません。そして今、熊本、九州をはじめ全国の皆様に支えられ、おかげさまで満20歳のこの時を迎えることが出来ました。心より御礼を申し上げます。また全国各地の作り手の皆様、取り引き各社の皆様の存在無くしてありえないこと。こちらも重ねて心より御礼を申し上げます。ご恩返しの気持ちを込めて、これからしばし20周年イヤーと位置づけ、いつもより少し贅沢でゴージャスな企画を催していく所存です。どうぞご期待下さい!
まず第一弾がこの九州展。2011年に同名のイベントを行いました。その当時のメンバーは今や人気者ばかり!皆にひっぱられるように当店の仕事も変化して今がございます。今回も「今の九州」を感じていただけるよう厳選企画してみました。作家ごとに特性が異なる、個性がプンプンと香る、高いクオリティとデザイン性の作品群に圧倒されます。有田、唐津などの様々な陶芸の郷を抱えるここ九州。温暖な気候、美味しい食べもん、素朴で情に厚い人間性。そんな我らが故郷「九州」の地で育まれたイイ器たちを皆様にご紹介いたします。是非お越しくださいませ。




■2018年11月2日〜11月18日 「お正月にも使いたいハレの器展」   20周年記念企画展第2弾   

陶磁器:高島大樹・松浦コウタロー・松浦ナオコ・阿南維也・
三笘修・藤田佳三・平岡仁 木の器:蝶野秀紀・落合芝地

ハレのシーンにも活躍する質の高い良い器。いつもの食卓が上品に上質に変化します。盛り付けが楽。これいい器の必要条件!!
赤絵や染付。焼締や粉引などなどと多彩。
木の器はオイルフィニッシュも漆もございます。

うつわ屋が自信をもってお届するいい作家たちの良い器。
この機会をお見逃しなく!!


またこちらお願いです。昨今のうつわブームにつき一部の作家や作品に集中した需要が発生しております。外国人や日本人による転売目的の買い占めも無視できない現状です。本来大らかな業界。ご自宅で使う分ゆっくりとしたペースで売買されるべきものだと思っています。本展では入場規制や整理券の発行、また特定の作家作品について購入点数の制限などをいずれかを想定しております。お一人や1グループによる転売目的の大量買い占めや、代行購での偏ったアイテムの購入や大量購入はお断りいたします。常識的範囲モラルある行動をよろしくお願い申し上げます。


■2018年12月7日〜12月24日 「余宮隆展」      

今年も開催!地元熊本天草からとれとれの器入荷です。




この後もいろいろ企画中です!

過去のevent